本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
 



役立つサイト
株探
みんかぶ
ヤフーファイナンス
日経ビジネス
SBI証券



日本経済NEWS
読売経済NEWS
世界の政治経済
ヤフー経済NEWS
東洋経済ONLINE





アメリカ調査会社「ユーラシア・グループ」が発表した
「2024年の10大リスク」

1「アメリカの分断」
11月の大統領選挙に向けて政治的分断、
地政学的な不安定さを世界にもたらす。


2「中東」
イスラエルとハマスの戦闘
イエメンの反政府勢力フーシ派による船舶への攻撃で物流への影響も懸念される。

3「ウクライナの割譲」
ウクライナ領土が事実上、ロシアに割譲される。

4「AIのガバナンス欠如」
AIのコントロールを超えて普及する可能性。

5「ならず者国家の枢軸」
ロシア、北朝鮮、イランが、協力関係を深め、既存の制度を弱体化させる。

6「回復しない中国」
中国経済の回復は難しい。

7「重要鉱物をめぐる争奪戦」
重要鉱物の生産地は一部地域に偏り、各国政府は価格変動を増大させるなど保護主義的な措置をとる可能性がある。

8「インフレ」
インフレに起因する高金利が、世界成長を鈍化させる。

9「エルニーニョ現象」
異常気象による、食糧難、水不足、物流の混乱、病気の流行、政情不安。

10「分断化が進むアメリカでビジネスする企業のリスク」
大統領選挙が近づくにつれて国内市場が分断され、全米に展開する企業は特定の州の市場からの撤退などを迫られる可能性がある。
 


2023/11/15
日経平均今年最大の上げ
2023/11/6
日経平均今年最大の上げ
2023/11/1
トヨタの美しい決算、非の打ちどころがない。 
2023/10
誰も勝てなくなった夏よ秋よ
2023/9
日米金利差、円安、インフレ、そして中東で戦争が始まる
2023/8
ところがバフェットは売っていたのか?
2023/5
日経平均銘柄のなんという強い上昇
2023/4
ウオーレンバフェットの一言と来日が変えた風向き
2022/3
米ネット銀行の破綻で食らう一撃
2022/12
東証のPBR1倍割れ改善要請が起こす風
 

 
 



   
 

 
 
 



 
 
 
 

   
   


オイルマネーに注目が集まる
サウジアラビア関連銘柄


モンスターラボ<5255>は
サウジのIT企業Tonomus社と業務提携している。


今年1〜3月の日本株の大幅な上昇の一翼を担ったのが、
中東の潤沢なオイルマネーとされている。
ムハンマド皇太子の来日が、
こうした資金の再始動のきっかけとなる可能性も指摘される。


<ゲームや水素関連をマーク>
サウジの政府系ファンドは任天堂<7974>
などの日本のゲーム株に出資している。
カプコン<9697>
コーエーテクモ<3635>
ネクソン<3659>
東映<9605>
キャプテン翼のゲームアプリでKLab<3656>
中東で人気の「ドラゴンボール」に関連するアカツキ<3932>も


経済の化石燃料依存からの脱却もサウジの課題だ。
水素分野では、
日揮ホールディングス<1963>
千代田化工建設<6366>
荏原<6361.T>
などをマークしたい。  

このほか、
AnyMind Group<5027.T>はサウジにオフィスを構え、企業のマーケティング支援事業を展開している。

GSIクレオス<8101.T>は、高機能表面処理剤「ナノテクト」が
サウジアラムコのプラント用締結部材向け表面処理として採用された。
 




松井証券ではじめる
株式取引

ROE|自己資本利益率
株主が投資した資金である自己資本を使ったことで、どれくらいの利益を生み出しているのかを示す指標。「稼ぐ力」を示す。ROEが高ければ投資リターンが大きい企業であると評価される。
70%以上であれば安定した企業で、40%以上であれば倒産しにくいといわれている。








 あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源


銅不足でケーブルや電線が供給できない世の中で、儲かる商売としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 銅の回収・リサイクル

銅不足の状況下では、銅の回収・リサイクルの需要が高まります。そのため、銅の回収・リサイクル事業を行う企業は、収益を拡大できる可能性があります。

  • 銅の代替品開発

銅の代替品として、アルミニウムや銀などの金属や、炭素繊維などの複合材料が研究されています。これらの代替品が実用化されれば、銅の不足を補うことができるため、代替品開発に取り組む企業は、新たな市場を開拓できる可能性があります。

  • ケーブルや電線の省銅化

銅の不足を解消するためには、ケーブルや電線の省銅化も重要です。そのため、ケーブルや電線の省銅化技術を開発する企業は、需要を獲得できる可能性があります。

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 銅の回収・リサイクル事業

家電や自動車などの廃棄物から銅を回収する事業や、銅の製錬工程で発生する副産物を再利用する事業などが考えられます。

  • 銅の代替品開発

アルミニウムや銀などの金属を銅の代替品として使用したケーブルや電線の開発や、炭素繊維などの複合材料を使ったケーブルや電線の開発などが考えられます。

  • ケーブルや電線の省銅化

ケーブルや電線の断面積を小さくしたり、銅の代わりに他の金属や複合材料を使用したりすることで、銅の使用量を減らす技術の開発などが考えられます。

もちろん、銅不足の状況がいつまで続くかは不透明であり、これらの商売が必ず儲かるとは限りません。しかし、銅不足が深刻化すれば、これらの商売の需要は高まっていくと考えられます。


 

銅の代替品開発に取り組む日本企業としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 金属
    • アルミニウム:アルミニウム合金やアルミニウムナノファイバーの開発
    • 銀:銀合金の開発
    • タングステン:タングステン合金の開発
  • 複合材料
    • 炭素繊維:炭素繊維複合材料の開発
    • セラミックス:セラミックス複合材料の開発

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 金属
    • アルミニウム合金:昭和電工、UACJ、三菱マテリアル
    • 銀合金:住友金属鉱山、JX金属
    • タングステン合金:日立金属、大同特殊鋼
  • 複合材料
    • 炭素繊維:東レ、住友化学、三菱ケミカル
    • セラミックス:東芝、日立製作所、三菱重工業

これらの企業は、銅の代替品として、電導率や機械特性などの性能を向上させながら、コストを抑える技術の開発に取り組んでいます。

また、銅の代替品として、銅をまったく使用しない製品の開発も進められています。例えば、自動車の電気自動車化に伴い、銅を使用しない電池の開発が進められています。

銅不足が深刻化すれば、これらの企業の技術が実用化され、新たな市場が形成される可能性があります。


いろんな人の、それぞれの戦略
Aさんの場合
含み損が5%に達したら、迷わず損切りする 買ってから1週間以内に、含み益にならないときは一旦損切りし、その後に株価が上がり始めたら買い直す 決算時に集中して情報を集め、決算期にのみ買う 退場しないために、過度なレバレッジをかけない・過信や思い込みなどで損切りの遅らせない・ショートの空売りをしない 先行投資をおこない、利益は伸びてないけど売上高が伸びてて、チャートが半年から1年ほど横ばいが続いてる銘柄は、好決算が出たときの株価上昇が大きいので狙い目


株主は営業利益率を好む
| 売上高から売上原価や販売費、一般管理費を差し引いた営業利益の
売上高に対する割合
 



人気を高めてきた銘柄がついに以前の高値を抜いたものの、大きく抜くことができず、
わずか一円だけ更新してそれ以上は上に行かなくなった相場は鬼よりも怖い、強烈な株価の天井になる。

現在でも「2番天井」といって、天井形成パターンとされている。